リサイクルトナーの長所と短所

リサイクルトナーの良い点と難点を詳しく説明します

リサイクルトナーの優れた点と弱点とは

リサイクルして使うことが注目されている理由

会社においてコピー機や複合機を活用していると、一定サイクルで補充や交換をしなければならない部位があります。感光体ドラムと呼称される部位は、摩耗並びに消耗することから周期的にチェンジするのですが、こまめに交換することは不要です。 そして、一定間隔でチェンジするパーツの一番手がトナーカートリッジになります。使えば使う程減ってしまうので、事あるごとに交換することが求められる消耗品です。何本もカートリッジを活用することになれば、ランニングコストが膨大にかかります。 そのために、現在注目されているのがリサイクルトナーになります。

販売価格も安く環境にも優しいといえます

リサイクルトナーの最も大きい利点は、とにかく価格がリーズナブルなことです。消耗部品のみをチェンジするため、おおよそ3から5回のリサイクルができます。製造メーカーの純正の定価のおおよそ30~50パーセントOFFで使えるので、使用頻度が高いほどとても大きな経費カットの効果が発揮されます。 それに加えて、利用済みカートリッジにつきましては原則として産業廃棄物になって、処分には留意が必要ですが、リサイクルすることによって無駄をなくして、地球環境保護及び資源の効果的利用に役立ちます。日本国内では毎年数千万本のトナーがリリースされています。 利用し終わったカートリッジについては産業廃棄物へと分類されることから、処分するにせよコストがかかります。しかしながら、リサイクルトナーにすることを通じて産業廃棄物を減少させ、事務所より出るゴミを減らすことができます。それから再利用不能になった部分も要領よく再資源化します。 近頃の、地球温暖化などを通じて急な環境汚染が進行していく中、地球をプロテクトするために現在手軽に出来る 環境活動に意識を向けるという側面もあります。 その上、クオリティ面も普及率の急増とともに進歩を遂げ、近頃では純正と同程度の品質をキープすることができるようになっています。

不具合を生じさせることがあります

一方リサイクルトナーに関しては稀にですが、トナー及びドラムに対して不具合を生じさせ故障しまうことが起こります。そういった時、純正品ではありませんのでコピー機やプリンター本体の保証を受けることができないこともあり得ます。しかしながら、リサイクルトナーを取り扱っている業者につきましては、不良などがありました場合には品質保証を実施して代替品を送るといった対応を実行しています。 リサイクルトナーに関しては、このようなプラス面とマイナス面がありますが、トータルで見ると、費用も安くクオリティもある程度保証されていることから、高い価格帯の純正品トよりも採用がしやすいと考えられます。

人気記事ランキング