リサイクルトナーの強みと弱み

リサイクルトナーのプラス面とマイナス面を説明します

リサイクルトナー利用のメリットとデメリット

安くて質の良い製品を利用することができます

リサイクルトナーの代表的な利点は極めて安い価格といえます。そして、不具合の発生率に関しても昔に比べ相当良くなっています。しかしながら、一部分のリサイクルトナーもしくは海外製は相変わらず低い質のものが市販されています。質に関しましては、各種品質管理基準の認定製品を選択することでリスクを大きく減らせます。価格だけにより選ばず、各種品質認定基準を満たして、保証が充実している販売店を利用することによって手に入れれば価格の安さ及び安定した質で高い費用対効果で利用することができます。

利点として純正品と対比して決定的に安い価格が挙げられます。商品価格については純正品の定価と照らし合わせると10分の1に達しない商品も少なくありません。純正品の販売価格が非常に高い理由は、純正製造メーカーが、プリンタ本体をリーズナブルに売りに出し、トナーもしくはドラムといった消耗品に対して非常に大きく利益をのせているためです。リサイクルトナーに関しましては純正品の部材を再び利用し、汎用のトナーを充填しているので、研究開発費があまりかからず、加えて、いろいろな企業が製造をすることを通じて競争が促進され、原価に対し適切な販売価格で売られています。

利用する上での知っておくべきデメリット

リサイクルトナーのデメリットとしまして 不具合率が純正品と比較して高いことがあげられます。 純正品の不具合率は、0.5から2パーセントです。それに比べ、リサイクル品については1.5から3パーセント程の不具合率となります。 販売品によっても違ってきますが、一般的に考えてトナーよりもメカニズムが込み入ったドラムのほうが高くなります。各社品質改善に努めていますが、現実に一定の比率で発生します。会社によっては、ホームページなどで月毎の不具合発生率を公開していますので、参考にしましょう。 リサイクルの特有性を理解し、不具合の時の備えという形で予備品を備えておくなどの有効な対策が要ります。 それに加えて、カラーの色合いが異なってくるケースがあります。 リサイクルトナー及び純正トナーの色合いを対比させると、モノクロに関しましては、ほとんど同質ですが、カラーに関しては少々色合いが違うケースがあります。その要因は、リサイクル及び純正品で粉の成分が同一ではないことによります。 カラーの色合いに関しても、各社が可能な限り純正製造メーカーの色味に近づけるよう整えていますので、会社内用のオフィス文書もしくは資料作成等においては、何の問題もなく利用できるでしょう。

人気記事ランキング